瑞草区の歴史&シンボル

> 瑞草区の紹介 > 瑞草区の歴史&シンボル

  • 인쇄

瑞草区の歴史

瑞草区は1988年1月に江南区管轄から分離、新設されました。漢江に接するこの地域は、先史時代から居住地として人が住んできた韓国の文明の発祥地です。院趾洞の支石墓群や江南区駅三洞の青銅器時代の住居地から出土した先史時代の遺物は、新石器と青銅器文化があったことを証明しています。三国時代の一国であった百済が漢江流域を中心に古代国家として成長、発展する過程において、瑞草区一帯が歴史の舞台に登場し始めたということは、そこが重要な位置を占めていたということを示しています。地理的に慰礼城の西側に隣接しており、都城外郭の耕作地として利用されていたものと見られます。

瑞草区地域は、1965年のソウル特別市都市基本計画で副都心としての開発が決定されたのを契機に現代的な都市として本格的に開発され始めました。決定後の1968年、土地区画整理事業の推進が開始されました。その後、約20年の間に、田舎から47.14㎢、人口40万の副都心へと変化を遂げました。

シンボルマーク

シンボルマーク
  • 漢江、そして快適な緑地の清渓山と牛眠山との間に、温もりいっぱいの人々が集まって暮している様子をイメージした。
  • 青色 : 青い部分は発展した都市のイメージと、豊かでゆとりのある生活を営んでいる共同体を象徴
  • 赤色 : 赤い部分は区民に奉仕する公務員の奉仕行政と芸術中心地を象徴
  • 緑色 : 緑色の部分は緑の森が人と都市を抱えていて、常に快適でゆったりとした緑地を象徴

区の鳥

区の鳥
ハト

林や草原に広く分布する温順な雑食性の鳥で、平和を象徴する身近な鳥として瑞草区民が協同して仲睦まじく生活することを表す。

区の花

区の花
バラ

緑の枝に棘を持ち、枝ごとに華麗な花を咲かせる繁殖力の強いバラは、瑞草区の繁栄を表す。

区の木

区の木
ケヤキの木

形が美しく木材としても優れており、立派な緑陰樹としての役割を果たす寿命の長い巨木は、瑞草区の限りない発展を象徴している。

区の色

緑色 区の色
緑色

清純、安定、青草、平和、希望を象徴し、草原、林、夏、山、海などを連想させる色で、すべてを受容し育成する瑞草区を表している。