韓国の住居形態

韓国の住居には一般に、個人住宅や多世帯住宅、集合住宅またはタウンハウス、アパートの四種類があります。

個人住宅
集合住宅/多世帯住宅

集合住宅は、組合住宅のように4階以下の建物で一棟当たり総面積660㎡以下の住宅をいいます。住居空間を分離して建築し、多くの家族が同じ建物で暮らします。そのため、各世帯は分離登録されており、賃貸や所有が比較的に容易で譲渡所得税も個別に発生します。

多世帯住宅
タウンハウス

集合住宅は、組合住宅のように4階以下の建物で、一棟当たり総面積は660㎡以下です。住居空間を分離して建築し、他の家族がひとつの建物で暮らすことができます。そのため、各世帯は分離登録されており、賃貸や所有が比較的に容易で譲渡所得税も個別に発生します。

アパート

韓国の現状に合わせて最大限に土地を活用するために最も広く好まれる住居形態は共同生活住宅方式です。土地に比べて過密な人口は住居問題のみならず社会的な問題でもあり、そのため狭い土地を最大限活用するために数多くのアパートが建てられています。こうしたアパートで暮らすことの第一の長所は便利さでしょう。

家を買う

家を建てる
売買
賃貸あるいはレント

韓国には月貰(ウォルセ)と伝貰(チョンセ)という二つの賃貸形態が存在します。月貰は賃借人が毎月に月別賃貸料を若干の手数料とともに支払うもので、定められた契約が終了すると手数料は返金されます。伝貰は賃借人 が定められた期間(たいてい2年)の保証金、または相当な金額のお金を保証金で支払い、これもまた契約が終了すると返金されます。但し、伝貰契約は保証金を返金する際に問題が発生することがありますので、必ず区庁を訪問して確定日を決め、保証金に対する法的保護を確保する必要があります。