少年少女家庭の支援政策

国民基礎生活受給者世帯の中で 18 歳未満の児童が実質的に家庭を率いている世帯に生計給与、医療給与および付加給与を提供しています。
その他にも、児童だけで構成されている世帯に対しては近くに住む児童委員、宗教団体、地域の女性指導者、公務員などを後見人として指定して苦衷や悩みなどを常に聞いて解決するようにし、後見人は提携機関の職員と協力体制を構築して少年少女家庭に支給される後援金がきちんと使われるように指導し、後援金の使用に伴う問題を最小化するようにしています。

家庭委託保護制度

父母の疾病、家出、失跡、受刑、虐待などにより短期保護が必要な 18 歳未満の児童を一般家庭に委託して児童が正常な生活を送ることができるようにします。

委託家庭の選定基準基本条件(親戚・姻戚および一般人共通)

児童虐待の予防

迷子探し総合センター運営

迷子の発生を予防し迷子の発生時には迅速に家庭に戻すようにします。

保育サービス