住宅

HOME > 生活情報 > 住宅

  • Print

韓国の住居形態

韓国の住居形態は一般的に、単独住宅、多世帯住宅、連立住宅、アパートなどの 4 つに区分される。

単独住宅
  • 単独住宅は単一家具のために単独宅地に建築する形式で、個人の趣向に合わせて住居計画を立てることができ、大門と庭園が個別の宅地にある形態
多世帯住宅(多家口住宅)
  • 1 つの住宅に複数の世帯が居住するように建てられた住宅で、世帯別に別途の部屋、台所、トイレがある。 7 世帯から 9 世帯の範囲内で居住することができ、暖房施設は世帯別に設置しなければならない。 多世帯住宅は共同住宅の一種で、一棟あたりの建築延面積が 660 ㎡以下で 4 階以下の住宅。一つの建物に多数の世帯が居住できるように住居空間が分離されている。従って、各世帯が登記を別々に行い、所有や分譲が可能で、、譲渡所得税も別途に課税される。 建築延面積が 660 ㎡以下という点と世帯数が 19 世帯以下で構成されるという点では多家口住宅と似ている。しかし、多家口住宅は単独住宅に分類され、連続 3 階まで建築できるのに比べると、共同住宅に分類され、連続した 4 つの階まで建築できるという点で異なる。
連立住宅

1 棟あたりの建築面積が 660 ㎡を超過する 4 階以下の共同住宅で、その内部構造はアパートと同じであるが、暖房は個別暖房方式がおもに使用される。

アパート

韓国の実情として国土活用の効率化のために現在最も一般的な住居形態となっている集団住宅方式。韓国は国土に比べて人口が多く、住宅問題が社会的問題でもある。小さな国土を効率的に使用するためにアパートが多く建てられている。アパートの最も大きな長所は住居の便宜性である。
< アパートの写真例 >

住宅の購入

新築

住宅を新築するためには設計士と共に区役所に行って建築許可を申請し、竣工検査および建築物使用承認書の交付を受ける。この場合、登記所に行って所有者登録登記の手続をして取得税および登録税などの関連する税金を納付する。
( 問い合わせ:瑞草 区役所 建築課 /82-2-2155-6820)

売買

住宅の売買は、売買当事者間の契約書によって行われるが、公認仲介士に売買の仲介を依頼する場合が大部分だ。この場合、一定の手数料 ( 売買価格に比例 ) を仲介人に支払う。売買契約が完了したら土地台帳、公示地価確認書などの必要と思われる書類の発給を受け、登記所 ( 裁判所 ) で移転登記の手続をする。
( 問い合わせ:瑞草 区役所 不動産情報課 /82-2-2155-6920)

賃貸

賃貸方法としては月貰と伝貰が一般的だ。月貰は一定の保証金とともに毎月賃貸料を支払う方式で、賃貸関係が終了すると保証金は払い戻される。伝貰は一定期間 ( 普通は 2 年 ) 使用する条件で賃貸料に該当する保証金を預けるというもので、賃貸関係が終了すれば保証金の払い戻しを受ける。但し、伝貰保証金返還に関するトラブルが発生することもあるので、その対策として区役所での賃貸契約書検印および裁判所での伝貰登記確認、洞住民センターでの確定日の設定をしておくと法的に保証金に対しての保護が受けられる。