教育制度

HOME > 生活情報 > 教育 > 教育制度

  • Print

韓国の教育システム

乳児教育

満 3 歳から初等学校就学前までの子供が対象で、半日制、時間延長制、終日制教育課程で運営されています。

初等教育(6年)

義務教育の初等教育は無料で提供される最も基礎的な教育の形態で、入学率は 99.9% です。このような高い数値は教育に対する高い関心と政府の適切な教育政策によるものです。

中等教育(6年)

中学校では初等教育の基礎の上で第二の教育が行われます。 1969 年以後、中等教育は入学試験なしに志願すれば誰でも教育が受けられるようになりました。入学志願者は住所に基づいて近所の中学校に割り当てられます。

高等教育(6年)

高等教育は、一般高等学校、実業高等学校、各種学校、高等技術学校、特殊学校、外国人学校に分けられます。入学のためには中学校卒業またはそれに相応する資格を持っていなければなりません。
6 学期の登録金は各学生の負担です。平準化地域と非平準化地域の差があり、学校によっては 入学試験のある学校もあります。

大学教育

大学教育は、大学、産業大学、教育大学、専門大学、放送・通信大学、技術大学、各種学校に分けられます。国家が設立・運営する国立学校、地方自治団体が設立・運営する公立学校(設立主体によって市立学校・道立学校に区分)、学校法人が設立・運営する市立学校に区分されます。