印鑑証明

> 生活情報 > 行政情報 > 印鑑証明

  • 인쇄

印鑑とは対照して本人の同一性や真否を確認するために、予め官公署または取引先などに提出しておく特定の印影を言う。
「印鑑」は対照の目的のためにあらかじめ押してある印影で、印章、すなわち印判ではない。また、印鑑証明を受けようとする者があらかじめその住所を管轄する証明庁(市庁・区長と邑・面庁)に印鑑を届け出て、必要に応じて印鑑証明が受けられるようになっている印章を「実印」という。この印章は一人につき一つだけ持つことができる。
「印鑑証明書」というのは、あらかじめ証明庁に届け出てある「印鑑」と同一だという意味の証明庁の証明書のことで、文書の作成者が本人であることに間違いないことを証明するために使用される。
たとえば、不動産登記において所有権の登記名義人が登記義務者として登記を申請する時には、印鑑証明を提出するようになっている。
印鑑証明を受けようとする者は、その住所を管轄する洞事務所に印鑑を届け出てから洞事務所で印鑑証明書の発給を受ける。

印鑑証明届時の提出書類

印鑑届出書1部
印鑑として登録する印章(書面での届出時は印鑑紙契約可能)
ではることが確認できる身分証明書
  • 韓国人 : 住民登録証, 自動車運転免許証, パスポート, 障害者登録証(福祉カード
  • 在外国民 : 在外国民国内居所届出証, パスポート
  • 外国人:外国国籍同胞国内居所届出証, 外国人登録証
書面申告する際、法廷代理人と保証人の印鑑を持参

*未成年者や限定治産者の場合、法廷代理人の同意書欄記載及び捺印1部
   (但し、家族関係証明書の場合、行政情報共同利用確認で提出を省略)